遊びのつもりだったのに不倫相手に本気で好きになってしまった!

MENU

遊びのつもりだったのに不倫相手に本気で好きになってしまった!

最初に不倫を始めたときは、単なる遊び相手と思っていたのですが、付き合いを続けるうちに自分が本気で相手を好きになっているのに気がついてしまったらどうしたら良いのでしょう。
いくつかの心構えとその方法について考えてみましょう。

 

まずは自分の気持ちに整理をつける

不倫相手を本気で好きになってしまったことは自分でも理解できました。
さて、それでは自分が一体どうしたいのかを考えてみましょう。
不倫相手とこのまままったりと関係を続けていくだけで満足でしょうか、それとも相手に奥さんと別れてもらって、自分が後釜に座りたいのでしょうか。
その答え如何でその次の行動が変わることになります。
まずは自分の気持ちに整理をつけて、方向性を見定めることが肝心です。

 

 

相手に今の自分の気持ちを分かって貰う様にする

不倫相手は貴方に「本気で好き」と言われたら引いてしまうでしょうか。
むしろ「僕も君のことが本気で好き」と即答する方が怪しい感じもしますよね。
しかしいずれにせよ、本気で好きならばそれを伝えて反応を見ることは大切です。
但し玉砕したときの為に「なーんちゃって」と言える余裕は残しておきましょう。

 

 

最悪は今の仕事を辞めなければならないこと

不倫でしかも社内とくれば、相当なスキャンダルと言えます。
社内不倫の場合は、自分の気持ちを告白して成就したらまず仕事を辞めなければならないことは覚悟しておきましょう。
また、バレた時にも自分は仕事を辞めることになり、相手も今の会社にいられなくなる可能性もあります。
自分の将来を投げ打っても尽したい相手なのかが重要になるのです。

 

自分が本気でも相手にその気がないこと

いくら自分が本気で好きになっても、相手からはその他大勢の女の子の一人にしか見て貰えていなかった、ということもあります。
少し寂しい話しですが、不倫相手にとっては自分は単なるセフレの一人、と考えている男性が多くいることは事実なのです。
男性と女性は「好き」という言葉に対して感じるものが違うと言われています。
しかし相手は貴女のことを嫌いではないのですから、チャンスがないとも限りません。

 

 

おわりに

たとえ不倫相手だとしても、女性から「本気で好き」と言われて悪い気がしない人はいないことでしょう。
しかし不倫相手はあくまで家庭の外での息抜き場所を探して貴女の元にやって来たと思って良いのです。
略奪愛に燃えるのは、相手が全ての地位を失うことになっても自分は付いていけるのか、そんな男性と一緒になったとして、自分は果たして幸せと言えるのか、という結論が出てからにしましょう。

不倫体験談