自惚れていた自分に反省、旦那が不倫してました

MENU

自惚れていた自分に反省、旦那が不倫してました

私は35歳の某航空会社キャビンアテンダントです。
10年前にフライトで一緒になった男性のお客さんと結婚しました。

 

自分で言うのも何ですが、容姿端麗、スタイル抜群、語学も堪能ですし、男性からはあこがれの目で見られることが多いと自負していました。

 

夫にしてみればかなり満足のいく結婚だったと思います。
しかしそんなうぬぼれが油断となってとんでもない事態を招いてしまいました。

 

私は結婚してもキャビンアテンダントの仕事を続けていたのですが、国際線であるため家を留守にしなければならない日がかなり続きました。
1ヶ月の半分は家にいない状況で、家事はほとんど夫任せにしていました。
それでも夫にしてみれば私のような美人で付加価値の高い、誰からもうらやましがられるような妻をめとったのだから、不満を言わずにやってくれていると思い込んでいました。

 

しかしあるとき、フライトの予定がキャンセルになって、予定よりも3日早く家に帰ったとき、夫がいないことに気づきました。
何も私には言わなかったので少し心配になりましたが、そのうち帰ってくるだろうと思って安心していました。
ところが、明け方になって家に帰ってきたのは夫だけではありませんでした。

 

もう一人女性が一緒にいたのです。
そして二人で寝室に入ってこようとしたので、私はびっくりして飛び起きました。
当然、夫もびっくりしていました。
ただ事ではないことぐらい一見してわかりました。

 

もしかしたらここからは大変な修羅場になるかも知れない、そんな覚悟も一瞬でできました。
そして何よりショックだったのは、夫が一緒に連れてきた女性は私の職場の後輩だったのです。

 

もう私は腹をくくりました。
女と男、女と女のバトルがそこから始まりました。
結局夫は家を出て行き、そのまま帰っては来ませんでした。

 

そして女は、職場の後輩の女はさほど悪いことをしたような顔もせず、そそくさと出て行ったのです。

 

家に一人残された私は、泣き続けました。
これから一体どうやって生きていけばよいのか、途方に暮れてしまいました。

 

そこで職場の同期に相談したところ、メール占いを紹介され、思い切って尋ねてみることにしたのです。
霊感を使う女性の占い師でした。
メールには、「あなたの守護霊様が非常にプライドの高い方のようで、あなたの性格はその人から譲り受けているようです。
今から守護霊様と交信しますので、プライドの高い性格を改善して女性らしい謙虚でやさしい部分を持てるようにしなさい。
そうすればご主人は必ず戻ってきます」ということでした。

 

そしてその日から3日後、夫は戻ってきました。
そしてバツの悪そうな顔をして、不倫相手とは別れたと言いました。

 

正確に言えば、あの女の方から三行半をつきつけられたということだそうです。
そしてそれ以来、現在に至るまで何事もなく平穏に暮らせています。
自分の性格も随分謙虚になって変わったと思います。
全部メール占いマリアのおかげです。
感謝しています。

 

>>占いマリアに復縁相談

不倫体験談