W不倫は相当の覚悟が必要!

MENU

W不倫は相当の覚悟が必要!

ここ数年で、女性の不倫が増えてきたという話もあります。
女性の社会進出に伴って、「既婚男性と独身女性」という不倫の組み合わせだけではなく、今まで男性がしていたように
「既婚女性と独身男性」というカップルが増えているというのです。
もちろんここで「既婚男性と既婚女性」という組み合わせも出てきます。
どちらも結婚している場合の不倫のことを、W不倫と言います。

 

W不倫の始まり

女性が男性と対等に働く環境が整ってきて、ずいぶんと性差による仕事差は減ってきています。
そんな中、統計的に人間は「長い時間一緒にいる相手に好意を抱きやすい」という習性があります。
家にいる時間が少なく、会社での人間関係が濃密になってくると、恋愛関係も生まれやすくなります。
そういうふうにしてW不倫が始まってしまうケースが多いようです。

 

W不倫のいいところ

お互いが結婚しているW不倫では、割り切った関係で楽しんでいる人が多いようです。
どちらも自分の家庭を壊す気がないままにお付き合いするので、楽しいところだけをつまみ食いできるのですね。
そしてどちらも家庭を大事にしようとするので、家族にバレないように配慮しあうようです。
たまに既婚男性の家に独身女性の不倫相手が乗り込んでくる、という修羅場がありますが、
W不倫の場合は、女性がそういう行動を起こすことはただのリスクでしかありません。
割り切った関係を求める人には、楽しいお付き合いだと言えそうです。

 

W不倫の悪いところ

W不倫ではどちらも家庭があるので、時間のやりくりには苦労が多いようです。
片方が独身であれば、既婚者の恋人をマンションなどでずっと待っていればいいわけです。
既婚者の方が時間が空いたときにだけでも、立ち寄ることができます。
けれどどちらも家に帰らないといけないという状況では、会える機会を作るのも大変です。
時間に追われながらのデートということも多く、一緒にいられる時間は普通の不倫よりも制限があります。
こういう点では、W不倫は辛いことも多いと言えるでしょう。

 

おわりに

W不倫では、単純に言うと二重の罪を犯していると考えることかできます。
もし関係がバレてしまった時に傷つく配偶者が二人いるというわけです。
また、慰謝料についても二倍になると考えられます。お互いが相手の配偶者から訴えられてしまうと、
金額も二倍になるのが妥当です。

 

こうなった場合は慰謝料を払うのがとても大変になりますね。
最近多いW不倫ですが、楽しいことばかりではないので、よほど割り切ってお付き合いできる性格の方以外は
やめておいた方がいいかもしれませんね。

不倫体験談