不倫と浮気の違い、境界線ってどこ?

MENU

不倫と浮気の違い、境界線ってどこ?

「不倫はダメだけど浮気はOK」という方もいますが、不倫と浮気の定義とは一体なんなのでしょうか?「不倫も浮気も同じ!」という方もいますので、その違いについてまとめてみました。

 

不倫と浮気の違いについて

不倫と浮気は紙一重の出来事なのですが、浮気は言葉の通り「浮ついた心」の事を言います。
また、未婚カップルの間でも、パートナー以外の異性と深い関係を持った時には、浮気という定義に属されます。
そのため、浮気は不倫と比べると少しだけ軽い罪であるとも捉えることができます。
しかし、不倫の場合は恋愛感情が発展して、結果的に家庭崩壊を招くような行為のことを指しますから、基本的には既婚者における浮気のことを不倫とみなし、浮気よりも罪が大きくなります。

 

どこまでが浮気でどこからが不倫?

基本的に既婚者が浮気と呼べる範囲は、「相手への気持ち」の本気度が非常に深く関わってきます。そのため、浮気相手とお互いに割り切った大人の関係があれば、浮気として収まる出来事でもありますよね。
しかし、一方が本気になってしまうと、浮気だけでは済まなくなってしまいます。浮気として始まった男女の関係は、不倫問題として事が大きくなるケースがほとんどですから、一般の方との浮気はリスクが大きくなります。

 

不倫と浮気の法的な違い

浮気を法律で裁くことは出来ませんが、不倫は法律によって裁くことができます。
そのため、既婚者が浮気をした場合には「不貞行為」があったか否かで不倫行為があったかどうかを確かめられます。
浮気の定義は人によってバラバラですから、異性と食事に行くだけで嫌だという人もいれば、キスまでなら許せるという人もいますから千差万別です。
そこで、不貞行為という定義を設けることによって、客観視した時に本当に不倫行為があったかどうかを判断することができるのです。
ちなみに不貞行為とは、性行為や疑似行為のことですから、食事をしていただけでは不倫と判断されることはありません。

 

おわりに

不倫の始まりは、だいたいの方は出来心から始まる「浮気」によって、恋愛感情が発展してしまうものです。
最初は食事だけと思っていても、男女が二人きりで遊ぶようになれば、次第に恋愛感情が揺れ動いてしまうことは当然とも言えます。
浮気と不倫の法的な違いは多少なり存在するのですが、結果的には人道に反する行為の一つとなりますので、家庭を既に持っている既婚者の方との出会いには、一歩距離を置くことも必要です。

不倫体験談